太白ごま油は肌も髪もつやつやにしてくれるすぐれもの

肌が乾燥したり髪がぱさぱさになったりして悩んでいる人は少なくありません。空気が乾燥する冬には乾燥に頭を悩ませる人が多いのもわかるのですが、電車でも会社でも常にエアコンで快適に整えられた室内で過ごすことの多い現代人は、季節に関係なく乾燥に悩まされる環境にさらされ続けている事になります。乾燥対策に身近にあるもので高い効果を得られるのが太白ごま油です。

ごま油の種類

ごま油というと中華料理にふんだんに使われる褐色のこうばしい油を想像します。ごま油には主に製法によって異なる焙煎ごま油、低温焙煎ごま油、太白ごま油の3つの種類があります。普段料理作りに使用するこうばしい香りが食欲をそそるのがゴマをしっかりと焙煎してから搾って作られる焙煎ごま油です。こうばしい香と濃い茶褐色の色が特徴です。そして焙煎ごま油よりも低温でじっくりと焙煎してから搾ったものた低温焙煎ごま油で、香りがやや甘い感じになり色も淡い琥珀色をしているのが特徴です。そして原料のゴマを焙煎せずに生のままで絞って作られるのが太白ごま油と呼ばれるもので、無色無臭でゴマグリナンが最も豊富に含まれるのが特徴です。

太白ごま油のすごい力

ごま油が健康に効果的で他の油と比較すると酸化しにくいといわれるのは抗酸化作用の高いゴマグリナンが豊富に含まれているからだといわれます。製造される時に熱を加えずにゆっくりと圧搾して作られる太白ごま油には、このゴマグリナンを始めビタミンなども豊富に含まれている事から、食用には勿論、美容オイルとして使用することで肌や髪を美しく保つ効果が期待できます。肌に塗って使用することでごま油の成分が毛穴から毛細血管に入り、血液によって体全体をめぐって骨にまで到達するとされ、さらに体にたまっている毒素を対外へと排出してくれる効果もあるといわれています。ただし美容に使用する場合には太白ごま油をそのまま使用するのではなく、ごま油を100度まで温めるキュアリングという加熱処理をしてから使用するようにします。

髪や肌をきれいにする使い方

太白ごま油を使った美容法は、まずは頭から始めるようにします。キュアリングして冷ました太白ごま油を掌に取り、まずは髪の毛と頭皮につけて優しくマッサージするように馴染ませタオルを巻きます。そして顔から首や肩、バストにかけて、リンパの流れに沿ってごま油を塗った跡にマッサージして馴染ませます。同じく腹部から背中、お尻、ももを通って足、最後に足の裏までリンパマッサージの要領で強すぎない力で徐々に下に向かってマッサージを行い、オイルが体に浸透するまで15分ほど体を暖かくして待ちます。その後オイルをふき取って終了なのですが、全身マッサージは中々手間がかかって大変だというときには入浴時に髪と頭皮、顔からデコルテにかけて掌で温めたオイルを塗ってマッサージし、半身浴をしながら15分ほど置いてからシャンプーと洗顔をして洗い流すのがおすすめです。続けることで肌も髪もつやつやにする効果があります。

乾燥は美容の大敵なので、高価な化粧品をたっぷりと使って時間をかけてケアしているという人は少なくありません。けれどもインドにつたわるアーユルヴェータにも使用される太白ごま油を使うことで、高額なお金をかけなくても美しく健康な肌や髪が手に入れられるのだとしたら、試してみる価値は十分にあります。コスパもよく効果的、そして何よりも食べることもできる安心な材料を使った美容法、それが太白ごま油の美容法です。

肌の弛みやくすみの原因は肌糖化が原因かも!

人は、ご飯やパンなど糖分が含まれた食べ物を摂取します。糖分は、体のエネルギー源となる必要なものです。しかし、多過ぎて残った糖分と、たんぱく質そして、脂質が一緒になることで、糖化生成物(AGES)というものに変化します。このAGESが、肌を老化させる物質になるのです。AGESが増えて蓄積していくと、黄くすみ、ごわつき、乾燥、シワ、弛み、透明感が無くなるなどのエイジングサインと言われる症状が、どんどん出てしまいます。例えば、ホットケーキを焼く時に、表面にだんだん焼き色が付いてきますが、焼き色の部分が糖化です。肌糖化についてご案内しますので、参考にして下さい。

AGESによって肌が老化していく

肌の真皮には、バネのようになっているエラスチンと、網状になっているコラーゲンがあります。エラスチンとコラーゲンが肌に存在することによって、肌のハリや弾力を保つことができます。そして、肌内部にある繊維芽細胞から、コラーゲンやエラスチンが作られています。しかし、AGESが蓄積されてしまうと、繊維芽細胞にダメージを与えてしまいます。そうなると、ハリや弾力を与えるはずのエラスチンやコラーゲンがしっかり機能しなくなって肌がたるんでしまうのです。

AGESは分解されない

糖化の生成物が体内に発生した時に、AGESをやっつけようと体から酵素が発生するのですが、この酵素は、エラスチンやコラーゲンも攻撃してしまうのです。AGESと酵素のダブル攻撃によって、肌の弛みやくすみの原因となります。糖化生成物は、茶色ので肌にくすみをもたらしてしまう黄くすみの原因となります。
発生したAGESは、分解されず肌に蓄積されていきます。当然、真皮のターンオーバーも繊維芽細胞が弱まってしまうことで、表皮のターンオーバーも正常に行われませんので、徐々に肌がごわついてきて、乾燥もしやすくなってきてシミの原因にもなってきます。このようにして、肌の様々なトラブルに繋がってしまいます。

低GI食品で予防する

肌糖化を予防するためには、糖質を減らしていく必要があります。そのためには、低GI食品を中心とした食事を摂ることがポイントとなってきます。低GI食品は、消化吸収がゆっくり行われることによって、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。インスリンの分泌が少なくなるので、長時間満腹感を得ることもできます。白い食べ物よりも玄米やそばなど色の濃い食べものの方がGI値が低くなっています。但し、低GIだからといって沢山低GI食品を食べてしまうと、血糖値が上がります。野菜→肉・魚→ごはんの順番で食べるようにすると、脂肪の吸収も抑えられて、ダイエット効果を得ることができます。

糖化の影響

低GI食品は、肌糖化予防だけでなく、副腎疲労の改善やダイエット効果を得ることができます。糖化は、肌だけでなく骨を形成するために必要なコラーゲンを劣化させて、骨粗鬆症を引き起こしたり、血管内部に蓄積して動脈硬化を引き起こすなど体にも大きな影響を及ぼします。美容と健康のためにも糖化を予防したいですね。

地黒でも色白になれる3つの方法

色の白いは七難隠す?

肌さえ色白であるならば、ちょっとくらいの欠点など隠れて美しくみえると昔から言われています。確かに色白の肌だとふんわり淡いカラーのメイクが綺麗に映えますからメイクのバリエーションも豊かになりますし、憧れますよね。元から地黒だし…と諦める必要はありません。基本さえ守ればだれでも色白美肌になれるんです。それでは美白の方法を追っていきましょう。

曇っていても日焼け対策だけは万全に!

太陽が見えていなくても、紫外線は早朝からしっかり降り注いでいます。夏に限らず1年中、日焼け止め対策は必須なのです。たとえ冬の雨の日でも、日焼け止めだけは必ず塗りましょう。首やエラも忘れずに。そして出来れば2~3時間ごとに日焼け止めの塗り直しをすると、より効果的です。

洗顔&保湿を見直そう

クレンジング、洗顔はしっかりできていますか?お肌の表面が整っていないと、美白効果のある化粧品はいくら使っても浸透してくれません。メイクや皮脂汚れは美白どころかシミやくすみの原因になってしまいます。クレンジング後に、蒸しタオルで汚れを浮かせてから洗顔すると効果てきめんですよ。洗顔後はすぐに保湿することも忘れずにおこなってくださいね。面倒くさいかもしれないけれど、毎日続けることが大事です。

新陳代謝を上げるとメリットがいっぱい

新陳代謝を上げることで日焼けの原因であるメラニン色素を排出することが可能なのです。メラニン色素だけでなく他の老廃物や毒素も排出され、新しい細胞に入れ替わっていきます。これはお肌だけでなく体全体も若々しく健康になりますので常に意識していたいですね。そのためには適度な運動、お風呂で汗をたくさんかく、マッサージを施す、気づいた時に深呼吸をする、早寝早起きをする等の方法があります。血行がよくなるとすぐにお肌の色にも影響が出てきますよ。ダイエットするほどでもないけれど、少し体のラインが気になる人にもおすすめです。新陳代謝が良くなった人は、寝ている間に消費するカロリーすら増えるのです。

美白は誰にでもできる方法で実現できる!

美白は誰にでも可能なのがおわかりいただけたでしょうか?そして美白をするということは、体全体の健康にもつながるのです。お金もかかりません。かかるのは手間だけです。早く始めるに越したことはありませんが、いつからでも実践できます。あなたも未来の自分のために少し頑張ってみませんか?