大人ニキビの悩みを解決するには

ニキビは思春期にできるもの、というのが一般的なイメージだと思います。しかし大人になってからもニキビは発生し、大人ニキビと言われています。思春期時代にニキビがなかった人でもできることがあるので、どのように対処していいのか困ってしまう人も多いです。

大人ニキビのできる原因

ニキビのできる原因は何でしょうか。実は、ニキビの原因は一つではありません。実にさまざまな要因が、ときに絡まりあってできているのです。
最もよく言われる理由は、ホルモンバランスです。思春期におけるニキビも、このホルモンが大きく関わっていると言われています。大人ニキビにおいては、さまざまな理由でホルモンバランスが乱れることにより、ニキビが発生するとされています。

その理由とは、ストレス、および睡眠不足です。ニキビの原因となる男性ホルモンは、ストレスや生活リズムの乱れにより増加します。社会人になると、仕事や人間関係によりストレスを溜めやすいですよね。これが大人になってからニキビが発生する要因となっているのです。

また、別の原因として乾燥肌が挙げられることが多いです。肌が乾燥すると肌のターンオーバーが正常に機能しなくなり、角質が溜まって毛穴をふさいでしまいます。その結果、ニキビが発生します。乾燥肌によるニキビは大人ニキビに多く、肌が乾燥しやすい冬場に発生しやすいと言われています。

このほか、不潔な寝具を利用したことによる雑菌の繁殖や、ファンデーションが毛穴をふさいでしまっていることなどもニキビの原因に挙げられています。

大人ニキビの部位

実はニキビはできる部位によって原因が異なるのはご存じでしょうか。例えば頬のニキビはホルモンバランスのほか寝具やバスタオルなどの雑菌によってでき、鼻のニキビはファンデーションや紫外線によってできています。当然原因も違えば、対策の仕方も変わってきます。

特に注意が必要なのは、口まわりのニキビです。口まわりのニキビは胃腸機能の低下を反映している場合が多く、放置すると肌だけではなく体調にも影響が出るからです。口まわりにニキビができたときは、身体の危険信号だと思って、早急に対処するようにしましょう。

大人ニキビの対策

ニキビの対策としては生活リズムを整えることと、ストレスケアを行うことが大事です。また口まわりにニキビができる場合は、胃腸機能が低下していることが多いので、アルコールなどを控え、緑黄色野菜中心の食事をとるなど内臓に優しい食生活を心がけましょう。

また肌の乾燥を避けるため、洗顔と保湿をしっかり行うことも忘れてはいけません。保湿成分についてはセラミドなど有名なもので構いません。ただしニキビのできやすい肌は、ただでさえ弱っているので、刺激が強すぎるものは危険です。かえって悪化を招いてしまいかねないので、慎重に選ぶようにしましょう。

ニキビの原因や特徴を知れば、おのずと対策の仕方もわかります。正しい対策を取って、ニキビの改善を目指しましょう。