肌の弛みやくすみの原因は肌糖化が原因かも!

人は、ご飯やパンなど糖分が含まれた食べ物を摂取します。糖分は、体のエネルギー源となる必要なものです。しかし、多過ぎて残った糖分と、たんぱく質そして、脂質が一緒になることで、糖化生成物(AGES)というものに変化します。このAGESが、肌を老化させる物質になるのです。AGESが増えて蓄積していくと、黄くすみ、ごわつき、乾燥、シワ、弛み、透明感が無くなるなどのエイジングサインと言われる症状が、どんどん出てしまいます。例えば、ホットケーキを焼く時に、表面にだんだん焼き色が付いてきますが、焼き色の部分が糖化です。肌糖化についてご案内しますので、参考にして下さい。

AGESによって肌が老化していく

肌の真皮には、バネのようになっているエラスチンと、網状になっているコラーゲンがあります。エラスチンとコラーゲンが肌に存在することによって、肌のハリや弾力を保つことができます。そして、肌内部にある繊維芽細胞から、コラーゲンやエラスチンが作られています。しかし、AGESが蓄積されてしまうと、繊維芽細胞にダメージを与えてしまいます。そうなると、ハリや弾力を与えるはずのエラスチンやコラーゲンがしっかり機能しなくなって肌がたるんでしまうのです。

AGESは分解されない

糖化の生成物が体内に発生した時に、AGESをやっつけようと体から酵素が発生するのですが、この酵素は、エラスチンやコラーゲンも攻撃してしまうのです。AGESと酵素のダブル攻撃によって、肌の弛みやくすみの原因となります。糖化生成物は、茶色ので肌にくすみをもたらしてしまう黄くすみの原因となります。
発生したAGESは、分解されず肌に蓄積されていきます。当然、真皮のターンオーバーも繊維芽細胞が弱まってしまうことで、表皮のターンオーバーも正常に行われませんので、徐々に肌がごわついてきて、乾燥もしやすくなってきてシミの原因にもなってきます。このようにして、肌の様々なトラブルに繋がってしまいます。

低GI食品で予防する

肌糖化を予防するためには、糖質を減らしていく必要があります。そのためには、低GI食品を中心とした食事を摂ることがポイントとなってきます。低GI食品は、消化吸収がゆっくり行われることによって、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。インスリンの分泌が少なくなるので、長時間満腹感を得ることもできます。白い食べ物よりも玄米やそばなど色の濃い食べものの方がGI値が低くなっています。但し、低GIだからといって沢山低GI食品を食べてしまうと、血糖値が上がります。野菜→肉・魚→ごはんの順番で食べるようにすると、脂肪の吸収も抑えられて、ダイエット効果を得ることができます。

糖化の影響

低GI食品は、肌糖化予防だけでなく、副腎疲労の改善やダイエット効果を得ることができます。糖化は、肌だけでなく骨を形成するために必要なコラーゲンを劣化させて、骨粗鬆症を引き起こしたり、血管内部に蓄積して動脈硬化を引き起こすなど体にも大きな影響を及ぼします。美容と健康のためにも糖化を予防したいですね。